勝手に大山王国(ニュースフラッシュウォッチ)

当ブログページでは、中国地方最高峰、山陰の誇り、国立公園大山(だいせん)周辺の広域観光連携を促進している「大山王国」(NPO大山中海観光推進機構)のWebサイトに毎日掲載される「王国ニュースフラッシュ」というコーナーをウォッチしながら勝手に思いついたことなど、つれづれにコメントしています。

2006-04-04

4/4 王国ニュースフラッシュ

今日のニュースフラッシュはとっとり花回廊のチューリップの写真。なんだか大山にもやっと春の訪れといった感じ。花回廊のチューリップ祭り、伯太のチューリップ祭りなど次々と。でも、その前に桜、まずは桜の下でお酒をいただかなければと・・・。本当は今年は枕木山で花見をしたかったんだけど、諸事情により例年通り法勝寺川のほとりとなりました。あと、菜の花も満開です、菜の花はJR伯備線岸本駅の裏手一面に咲いています。これもなかなか見事ですよ。

2006-02-07

2/7 王国ニュースフラッシュ


今日の王国ニュースフラッシュは大山の雪道の写真、これは大山観光道路かな? 僕も先週末は大山、桝水高原に行ってきました。ほんと今年の大山は雪に恵まれて絶好ですね、その割に人は少なく、滑るにはリフト待ちもほとんどなくてよい環境ですね。でも地元観光側としては、もう少し入り込みが欲しいところ。大山スキー場(とくに国際スキー場)の難点は交通の便の悪さ。でもその分、ほんとうに存分に一日中飽きることなく滑りまくれます。逆にちょっとだけ滑りたいとか、子供づれでという方は大山・桝水高原スキー場がベスト、こちらはゲレンデ横まで車での乗り入れ可能で、到着即滑れます。全国の皆さんに特性を伝えて使い分けてもらえれば、大山ももっともっとメジャーになれるのにと思っています。とにかく、晴天のゲレンデから見下ろす日本海、弓ヶ浜といったら、もう、最高~!!!!!!ですからね。まあ、一度くれば分かります。

2006-02-06

2/6 王国ニュースフラッシュ

大山・上の原でのスキーレースのショットがカッコイイですね。実は大山王国のページ更新をされている石村さんは、かなりのスキーの達人です(笑)。昨日は僕は桝水高原スキー場に行ってました。ひさびさにいい雪が降ったので、大山の各スキー場もしばらくは安泰っぽいですね。ボク的には、本格的に滑るのならコースのバラエティと長さが魅力の国際スキー場、ちょっとだけ楽しむなら駐車場からスグの桝水高原かな。

2006-02-02

2/2 王国ニュースフラッシュ

今日のニュースフラッシュの写真は「松葉ガニ」ですね。
境港の冬の名物、見てるだけで食べたくなってきます。
でも実は安くて美味しい「紅ずわいガニ」もボク的にはオススメです。
ベニズワイの身は、松葉ほど繊維質ではなく、ホロホロとしたカニ缶のような身ですが、
味は濃厚でとっても美味しくいただけますし、特に浜茹したものは格別です。
みなさんもいかがですか、たまには「紅」もいいですよ。
って、松葉ガニではなく、しっかり紅ずわいガニのPRになっちゃいましたね(汗;)

2006-01-30

1/28 王国ニュースフラッシュ

大山国際スキー場はまだまだ滑れるようですね、今年の大山は雪に恵まれ、他府県のスキー場が苦戦する中、なんとか平年並みをキープできたようですね。一方、ここらから見える「桝水高原スキー場」は、ゲレンデの上のほうにチラホラとブッシュが見えてきたようです。もうひと雪降ればよいのですが、今日はポカポカ陽気で暖かすぎです・・・。

2006-01-27

1/27 王国ニュースフラッシュ

大山から見る夕日は本当に綺麗ですね。また、大山を背にして昇る朝日もまた格別。 「大山は日が昇るところ。出雲(大社)は日が沈むところ。対の関係にあるように思いますが・・・。(I)」という意見に共感を覚えます。本家大山王国HPでは夕日の写真だったので、僕は対抗して朝日の写真をアップしておきましょう(笑)
この写真は、米子の「朝日町」という繁華街で文字通り朝まで呑んで、朝帰りしたときに、植田正治写真美術館前から撮影したライジングサン。王国の写真と並べてみてください、東側と西側の景色です。ここからの眺め、本当に最高です。

2006-01-26

東京都写真美術館で故植田正治氏の写真展開催中

現在東京都写真美術館で、植田正治先生の写真展を開催中との事。超地元の僕としては嬉しい限りです。これらの影響で、こちら本家本元の植田正治写真美術館(鳥取県の大山(だいせん)のふもとにあります)にもお客さんが来てくれればと・・・切に思います。現在こちらの美術館は、指定管理者の対象物件となってます(涙;)